「人事労務のスタンダード」を築く

「人事労務のスタンダード」を築く

「人事労務のスタンダード」を築く

社長メッセージ

代表取締役社長/佐藤栄哲

私達が実現していく世界、想いは『働く人たちが安心して働ける社会・会社づくり』に尽きます。「未来をまもる」をコンセプトに、労務管理の分野でMINAGINE事業(ミナジン/みんなの人事部)を成長させ、「労務管理の新しいスタンダード」をつくっていきます。
世の中はどんどん物質的に豊かになっていっている中、周りの環境に対して不平不満を訴え、自らの無限の可能性を追求しない人が増えていってるのは何故でしょうか。
私は、大手企業での経験、創業事業である人材サービス事業を通して感じたそんな違和感・問題意識を本気で解決したい、全ての人が自分の仕事に誇りを持ち、「仕事が大好き!」と言ってくれる社会を作りたい。そんな思いからMINAGINE事業(ミナジン/みんなの人事部)を立ち上げました。
私達は、仕事を通じて自らの人生を輝かせたいと思っている人達、そのご家族やご友人、共に同じ志を抱く仲間、その仲間の集う会社、企業・・・そんな全ての方々の応援、サポートを行っています。MINAGINEは進化し続けながら、より多くの人達がもっと仕事に誇りを持ち、活き活きと働く社会創りに向けて始動しています。是非、私たちと一緒に実現していきましょう!!

理念

MINAGINE(みんなの人事部)で実現したいこと

『人事労務のスタンダード』を築く。
これが私たちの実現したいことです。

株式会社ミナジンは、代表の佐藤栄哲氏が1989年、学生時代に立ち上げた人材派遣会社がルーツです。 アルバイト派遣業を立ち上げ、その後業務請負業を始めます。 大学卒業後、商社へ就職し日本の雇用を取り巻く様々な課題に直面し、現職の代表へ復帰後、現在メインで手がけているテクノロジーとHRをかけ合わせた事業「MINAG INE」へと完全ピポットし、現在に至ります。

私たちが相手にしているHR Tech領域は2017年179.5億円、2018年250.8億円、2019年355億円と右肩上がりに推移しています(ミック研究所 調査結果より)。 私たちの予測は2023年には1000億円を超える市場規模になると考えています。 この拡大の背景は何か。

それは現代の日本が抱えているあらゆる人事労務に関する「課題」が表面化してきたためです。 日本はもともと、年功序列型の賃金、性別や雇用形態などの差別的な待遇がスタンダードになっていました。それは定年まで一つ会社に所属する終身雇用制度が前提にあったからと考えています。 海外では転職社会がスタンダードになり、日本でも年功序列から成果主義、が当たり前になりつつあります。

「働き方改革」という言葉が浸透してきていますが、これまでの日本はサービス残業や過剰労働が当たり前と捉えられてきていましたが、転職社会へ社会が変化してきている中、HR Tech領域は急速に市場を拡大させています。

ミナジンはこうした労働環境の変化の中で、今まで以上にテクノロジーの力を活用し、全く新しい「人事労務のスタンダード」を築くことを目指しています。本来、会社は仕事を通じて達成感や成長を味わいながら、安心できる未来を描ける場所であり、それを支えるのが人事の仕事と考えています。 だからこそ、人と会社の「未来をまもる」というコンセプトを掲げており、「働くすべての人が安心して働ける会社・社会を実現する」というミッションの実現に向け、成長し続けています。

HR Tech企業として、勤怠管理SaaSを始めとして人事労務領域でのアウトソーシングやコンサルティングを手がけるミナジン。 これまでのビジネスを順調に拡大させ、ここからは投資フェーズへと突入していきます。 今後、ますますテクノロジーの力により成長を加速させていきます。

ミナジンの強み 〜「働き方改革」で会社も次のステージへ。組織・IT領域への積極投資〜

ミナジンのメイン事業は、「勤怠管理SaaS」、ルールの整備・見直しを行う「コンサルティング事業」、明確化されたルールに基づいた運用サポートを行う「アウトソーシング事業」の3つが大きな柱となっています。 この3つを総合人事サービスとしてワンストップで提供できるのがミナジンの強みです。

人事労務は法解釈の違いや、具体的な管理手続き方法など、複雑な事案が多いこととインターネット上でも適切な対処が表現されているケースはほぼありません。 そんな環境下で、ワンストップに価値提供ができ、あらゆる課題に対応しています。 業界内では私たちと同じレベルまで対応できている企業は少なく、希少価値が高い存在と言われています。

「今、HR Techというワードをよく耳にするようになりましたが、僕たちは10年前からすでにスタートしています。たくさんの人に使ってもらうためには安価ですぐに活用できるシステムをと考えて作りますが、結局、人事業務は勤怠管理一つとっても、理解が非常に難しい。だからこそ、僕らがサポートに入り、知識や経験が必要な部分は当社の社労士やコンサルタントがお手伝いしたり。このようなテクノロジーとリアルを掛け合わせた価値提供がすごく喜ばれています」(取締役COO・野崎友邦氏)

市場の成長とともに、事業は成長し続けています。 ただ人と会社の「未来をまもる」という事業コンセプトのため、さらなる急成長を実現するための投資、施策も積極的に行っていきます。

中長期的には、現在アウトソーシングやコンサルティング、給与計算等、アナログに介入している部分を、できる限りテクノロジーにより自動化や効率化を進めていきます。 これまでの事業運営により、膨大な事例やノウハウ、アイデアが蓄積されていますので、今後そのリソースを使ってAI、RPA、ビッグデータなどのテクノロジーと掛け合わせ、事業展開をしていく予定です。 これまで存在しなかったような事業を立ち上げ、会社として新たな武器を作っていきます。

そのためには、今までの事業展開では必要とされなかった投資が必要です。 テクノロジーをさらに加速させるための技術への投資や増資、IPOも視野に入れています。 増資やIPOを通じて資金を得ることでHR Tech企業としての知名度を向上させていきます。 一段ギアを変えて成長していく必要があると考えており、新卒採用でも将来のコアメンバーを採用したいと考えています。ミナジンの中核を担う人材となり、事業や組織を牽引してくれる人材を求めています。

事業・組織の未来をともにつくる仲間集め

私たちミナジンは、真のHR Tech企業として急拡大フェーズにあります。 当社CEO佐藤は、「今のミナジンにジョインすることに意味がある」と話しています。

「間違いなく言えるのは、機会提供にはすごくこだわっているということ。やりたいと言ったことに対して機会を奪うことは基本的にはしません。当社はまだまだ未熟な会社ですし、進化し続けないといけませんので、成長機会を貪欲に求めたい人や、自分の実力をもって、大暴れしたい人、今いる場所では何かできないことがあるのだとしたら、ぜひミナジンで挑戦してほしいですね」(代表取締役CEO・佐藤栄哲氏)

20年以上の歴史があるミナジン。 歴史は長いですが、マインドはベンチャー企業そのもの。 今のフェーズが最もエキサイティングなタイミングです。「未来」を創り出すための第一歩を踏み出そうとしている状態です。 この一歩を創り上げるスキルは、どこの会社でも通用するスキルが身につくと考えています。

今後大きく飛躍していくミナジン。自身の成長を実現し、会社の成長をリアルに感じることができる環境です。 急成長をあなたの手で実現し、事業のみならず、組織を創り上げることができるエキサイティングな環境です。 「働くすべての人が安心して働ける会社・社会を実現する」というミッションに対し、共感し、ともに新しい何かを創り上げることをワクワクしながら働きたいという方に仲間になって欲しいと思っています。 社会的意義が大きく、あなたの手で会社を急成長させることは、なかなか経験できないことだと思っています。 ぜひ、意欲ある人に仲間になって欲しいと考えています。

先輩社員の声

HRクラウドシステム部
2014年入社

草場 友彰

経営戦略部
2017年入社

髙野 夏生

HRクラウドシステム部
2017年入社

松田 健人

人事担当からのメッセージ

経営戦略部/仲川正将

ミナジンはこんな会社です

事業を立ち上げて、約10年たっており、事業基盤はできあがっていますが、実現したい世界観からみればまだまだギャップが大きい。ここ3年は事業も組織も変革のタイミングです。その分、チャレンジできる余地は山ほどあり、「自らで何かを成したい」という想いを持つ人にとっては様々なことに挑戦できる環境だと思います。

ミナジンならではの働き方(カルチャー的なもの)

挑戦、自主性を重視します。会社全体として実現していかないといけないことは山ほどありますので、誰かからの指示を待って動くのではなく、自ら考え実行する姿勢を大切にしています

人事責任者からのメッセージ

今やる仕事が、向こう5年、10年と、当社の仕組みとして残っていくことになっていきます。同時に、『仕事を作る仕事』ができるのが今からのステージなので、すごい人が作った素晴らしいシステムの上で働くのではなく、それを自分で作ってみたいというアツい想いを持つ人材にとっては、ぴったりだと思います。自分の手で何かをやるための次のステップとして、ミナジンを選んでもらえたらなと思います。

経営戦略部
2018年入社

仲川正将(まさのぶ)

※2007年新卒。一度他企業へ転職後、2018年に復帰。

メディア掲載

各メディア記事に掲載されたインタビューをご紹介します

募集要項

給与条件 月給/250,000円(みなし残業含む)・賞与/年2回(6月・12月)
募集職種 総合職(営業/企画/コンサルタント)
諸手当 時間外手当・通勤交通費・新入社員自律支援制度(家賃補助 上限あり)
福利厚生 研修制度・各種社会保険完備・健康診断など
勤務時間 9:00〜18:00 ※部門によりフレックスタイム制を適用
休日休暇 土曜・日曜・祝日
採用実績 京都大学、神戸大学、東海大学、岡山大学、大阪大学大学院、慶應義塾大学、同志社大学、大阪市立大学、 大阪市立大学大学院、関西学院大学、法政大学 大阪経済大学、中央大学大学院、他
提出書類 履歴書
選考方法 筆記試験・面接

採用フロー

選考は面接3回になりますが、各ステップの前後で、社員面談など当社を知って頂く機会はご準備いたします
「こういう人の話が聞きたい」などリクエストがあればお伝えください!

Step 1

一次面接(人事担当者)

人事担当者にて面接をしていただきます。 大阪本社、または東京オフィスにて行います。

Step 2

二次面接(事業部責任者)

事業部責任者と面接をしていただきます。

Step 3

最終面接

社長面接になります。

エントリー