先輩社員の声

HRクラウドシステム部
2014年入社
草場 友彰

ミナジンに入社を決めたきっかけ

就活生が社長にプレゼンする就活イベントがありました。その場で数社からオファーがあったのですが、その中でも佐藤社長が飛び抜けて強烈で、心を惹かれました。
社長のタイプは色々あると思いますが、ミナジンの佐藤社長は強烈なリーダーシップがあり、熱のこもった話をしてくれました。 平凡で退屈そうな会社には入りたくなかった私は、この熱にやられ、入社を決めました。

入社後、今までで大変だったこと or 嬉しかったこと

与えられた仕事をこなせず、クライアントからも怒られてるような新人時代のダメダメな状況が一番つらかったです。 今は少し成長したのか、自分自身で仕事をコントロールでき、やりたい仕事をやらせてもらえる状況になりました。今はそれが嬉しいです。 また、周りが大企業やメガベンチャーに行く中、「自分のキャリアはこれでいいのか。」とずっと悩んでいました。最近、外部の人達と1ヶ月間プログラミングのピアラーニングを行うというイベントに参加してきました。
外部の人達と一緒に学ぶ場で、「自分の選んだキャリアが生かされている!キャリアは間違っていなかった!」とはっきりと感じるいい機会になりました。ふとした瞬間に自分自身が成長していることを実感するのが社会人生活での一番の喜びです。

仕事内容はなんですか?また、自身から見たミナジンとは?

最近まで、勤怠管理システムのヘルプデスクを行っていました。毎年改正される労働基準法関連の知識と、自社システムへの理解を持ち合わせながら、人事労務部門のお客様の課題や悩みに向き合うような、地味ですが難しい仕事でした。
今期からは、システムの価値を高めるプロダクト推進チームに所属し、あるべきシステムの姿を模索しながら形にしていく仕事をしています。 ミナジンは、システムベンダーであり、社労士法人であり、コンサル部隊であり、アウトソーシング部隊の会社です。 アフリカのことわざで、「早く行きたければ、ひとりで行け。遠くまで行きたければ、みんなで行け。」というのがあるのですが、ミナジンは早く行く会社ではなく、皆で遠くまでいける会社だと思っています。

休日の過ごし方

長期休みがあると、だいたい旅行に行きます。最近は、インド・タイに行ってきました。 普段の週末は友達と飲みに行くか、家をどこか改造しています。 最近はリビングにプロジェクタースクリーンを設置し、100インチの大画面で映画が見れるようになりました。

学生の皆さんへメッセージ

就活となると、大手!コンサル!商社!みたいな感じになりがちですが、一番大事なのは「自分が求めているキャリアは何か」だと思います。安定企業に入るのが安定なのか、不安定な企業に入り自分が強くなるのが安定なのか、どちらが良いか私にはわからないし、社会人経験のない就活生はもっとわからないと思います。
就活は正解がない、自分で悩み答えを出す最初のライフイベントだと思います。大事なのは、「自分の選択を正解にする力」 悩んで悩んで就活を進めてもらえればと思います。そして、その中でミナジンを選んでいただけたなら、一緒にキャリアを積んで選択を正解にしていけたらと思います。ご応募お待ちしています!

先輩社員の声

HRクラウドシステム部
2014年入社

草場 友彰

経営戦略部
2017年入社

髙野 夏生

HRクラウドシステム部
2017年入社

松田 健人

エントリー